サービスメニュー

建物の省エネ化

省エネルギー 4つの取り組み

省エネルギー化への目的として以下の4つを掲げ、建物のエネルギー効率とブランド価値を上げる取り組みをご提案しています。

  • ランニングコストの低減による経費削減
  • 環境保全への貢献、省エネによるCO2削減
  • コンプライアンスの遵守
  • 環境に配慮した建物としての企業イメージアップ

提供ソリューション

Img Saving Solution Fig

「補助事業」の活用

・省エネ提案(例)
省エネ施策 更新内容 補助金率
パッケージエアコンの更新 既存パッケージAC⇒更新用パッケージAC 1/3
照明器具の更新 直管蛍光灯⇒直管型LED 1/3
躯体(屋上)断熱 屋上の断熱強化⇒屋上階天井内の断熱 1/3
開口部(窓ガラス)の日射遮断 窓ガラスの日射遮蔽⇒日射調整フィルムの貼付 1/3
エネルギー消費量の見える化 エネルギー(電力)消費量見える化システムの設置 1/6
太陽光発電システムの導入 太陽光発電システムの設置 1/3
  1. 省エネのためのシステム提案・改修提案と省エネ効果の算定を実施、省エネルギー計画書作成支援
  2. 各種申請図面の作成や整理など計画段階でのとりまとめ支援
    ・交付申請書(実施計画書、省エネルギー計画書 など)
    ・エネルギー管理計画書
    ・契約図・見積内訳資料
  3. システム導入後のエネルギー使用実績や効果など実績報告書の作成支援
    ・中間報告書
    ・実績報告書

「補助事業」を活用するためには、さまざまな手続きや報告義務などが生じます。
日本ファシリオは、補助を受けるまでの現地調査・書類作成・申請書および施工・実績報告書の作成までお手伝いいたします。