上田 晃久 Akihisa Ueda
技術系(施工管理)/大阪本店 設備工事第一部
工学部 機械工学科

仕事と自分の時間、
ワーク・ライフ・バランスが大事。

プロフィール
2015年4月入社。百貨店の空調機の更新工事の現場を任されている。

Interview 01

決まった工期の中で円滑に進める。

日本ファシリオは新築工事だけでなく、改修工事も行っています。現在は百貨店の空調機の更新工事の現場を任せてもらっています。その工事に関わるすべてなんですが、具体的には図面を描いたり、安全管理・工程管理・設備管理ですね。お金の話は上司が見ていますので、相談し指示を仰ぎながらの現場の取り仕切りをしています。工期が決まっている中で作業を円滑に進め、終わることができるようにしています。あとはこの現場近くの1日~2日で終わるような改修工事の作業現場にも顔を出しています。

Interview 02

上司に相談し勉強できる環境。

まだ3年目で分からない事がある中、たくさんの方から質問され自分で処理しきれない時があって、そんな時はちょっとしんどいかなと思います。忙しい時にはやるべきことの優先順位が分からなくなったり、現場でたくさんの方から声をかけられるとテンパってしまうことがありますが、そんな時は上司に相談し教えてもらうことができるので乗り越えています。

Interview 03

仕事と自分の時間、ワーク・ライフ・バランスが大事。

今の現場では、自分で工程表を作っていて、休みを取れるようにしています。新築の現場など工程を指示されている場合や、現場が動いている時は休みがとりにくいこともありました。自分の場合、休日には基本からだを休めますが、買い物や飲みに行ってリラックスしながら自分の時間を楽しんでいます。

Interview 04

ものを作り出す魅力がある。

日本ファシリオは設備と電気を両方やっており、建物の根本的な部分に携わっています。何もないところからつくり上げていく現場を近くで見られるところが魅力的かなあと思います。さらに竣工後に現場へ行き、実際に施設を使っている利用者さんを見ると「この建物に関わってよかったなぁ」と思います。僕らが手掛けるのは目に見えない部分になりますが、「空調機が変わって良くなった」「前よりも過ごしやすくなった」という声をいただけると嬉しいですね。

Interview 05

設備全般を見ることが出来る会社。

就職活動って1年間しんどいと思うんですけど、やりたいことをやるべきだと思います。妥協してしまうと、その仕事が辛いと思った時、辞めてしまう事につながると思うんです。そこは真剣に将来のことと思って向きあった方が良いと思います。

空調だけとか衛生だけという施工管理の会社もあると思うんですけど、日本ファシリオは両方できる部署もあるので、設備関係全般をやってみたいという人にはぴったりだと思います。

Photo a la carte

日々のあれこれ